レシピ〜男の本格風ミートソース

なぜか久々の記事が…レシピ(笑)
まぁ小さな子供がいる家庭ならお父さんが料理するシーンも出てくるわけで?
妻は料理が上手なので、あえて妻が作らない料理が僕の専門になる。
イタリアン、餃子、現地風庶民中華料理。

今回はFacebookにこのレシピの載せたので、自身のブログにも記載することにした。
このミートソース、はっきり言って美味しいです!

なぜ本格「風」なのかは自身がどうしてこんなテイストになるのか理由はわからず
様々なレシピ本やネットを見ながら約10回程度作ってきて、細かくアレンジして
完成したレシピだから(笑)
ちなみに僕が作る料理では1番、時間がかかるレシピ。トータル1時間かかる。

たまに作る料理であればこそ、本格的で美味しいほうが喜ばれるしね。

◆男の本格風ミートソース レシピ (ソースのみ5〜6人分)

必要具材
人参     …1本
セロリ    …1本
玉ねぎ(中)    …1個
合挽き肉   …400g
トマト缶   …2缶
ニンニク   …2片
ローリエ   …1枚
ブイヨン   …2個
赤ワイン   …100cc
パスタ    …3人分
オリーブオイル…大さじ3杯
塩(パスタ用)  …1.5杯

画像
・必要メイン具材

画像
必要具材 調味料関係

①カットは面倒なので予めざく切りにした野菜3種をミキサーで粗めに切る
画像

②温めたフライパンにオリーブオイル大さじ2杯を投入後、オリーブオイルが
さらさらしたら、ニンニクを投入。約1〜2分(ニンニクがやや黄色くなるまで)
弱火で炒める。
画像

③人参を1分程度炒める。野菜は一気に投入してもOK(僕はそうしてる)。
画像

④セロリ加えを1分程度炒める。
画像


⑤玉ねぎ加えを1分程度炒める。
画像

⑥ローリエとパセリ、鷹の爪(本当ならニンニクの時点がいいけれども、
辛味が効き過ぎると子供によくないので…)を投入し10分弱火で炒める。
画像

⑦別のフライパンで赤ワイン40ccを強火で煮る。(いつもは野菜を炒めた
フライパンで野菜を端によせて、肉炒め作業をしている)
画像

⑧アルコールが飛んだ頃に合挽き肉を強火のまま投入し焦げがつく
寸前までヘラで押し続ける。
画像


⑨野菜のフライパンに合挽き肉を投入し、赤ワインを60cc投入し強火で
かき混ぜながらアルコールを飛ばし、その後、火を止めて10分放置。
画像

⑩トマト缶とマギーブイヨンを投入しかき混ぜ、中火で10分。画像

⑪ソースの出来上がり!
画像

⑫パスタ3人分なら大さじ1.5杯の塩できるだけ多くの量を沸騰させ、
パスタをまとまったまま1分ゆがき、その後6分程度常に鍋でパスタが
泳がせるような感じでゆがく。
画像

⑬パスタを湯切りしたあと、パスタ同士がくっつくので、ボールにソースを
少々投入しパスタとかき混ぜながら盛りつける
画像

⑭完成!約1時間。
画像

ルーはかなり余るレシピ。余ったルーは子育てで大変な奥さんと子供の
何回かのお昼ごはんに!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中