iPhone でマインドマネージャー

僕は仕事、プライベートにて目標や思考整理、アイデアを出す時はマインドマップを書く。
元々僕がマインドマップを書くようになったきっかけはPC(MAC)用の”MindManager”
ただ、考え事は席に座っている時より移動中が多い僕としてはiPhoneで書く事が多く、
このブログにて過去何度も登場する”iThoughts (mindmapping)”を使っている。

僕のマインドマップの使用方法は
iThoughtsでマインドマップを書き、MindManagerでそれを閲覧し調整をかけていく。
iPhoneのみで完結できずMindManagerでそれをいじることができなくてはならない。
どうしても、iPhoneのみでは全体を見るには画面が小さすぎるので仕方がない。
逆もしかり。調整したマップをiPhoneでまたいじる。

そんな中、MindManagerを販売するMindjet社より、iPhone向けのMindManager
リリース。”Mindjet iPhone”(無料)だ。
前々から知っていたものの、無料化に伴い試しに使ってみることにした。

その結果をMindjet iPhoneを使ってマッピングしてみた。

うん…見た目悪くない? (中途半端なマップなのは仕様上これ以上縮小できないため)
さて、MindManagerとの連携はどうだ?


上はMindjet iPhoneで作成したファイルをMindManagerで開いたもの。
なんか、忠実ではない…
Mindjet iPhoneについての結果は上の画像を拡大してみてもらうと一目瞭然と思う。
僕が気付いた点のみで発展途上感は否めない…今後のアップデート次第?
むしろ、 iThoughtsの方がよりMindManagerと連携もしているし、扱いやすく機能も豊富。
是非ともMindManagerとの完全な連携を実現するMindjet iPhoneを目指してもらいたい。
そうでなければ、 iThoughtsがiPhoneでのベストマッピングアプリの座であり続けるし、
現状のシンプルさだと、なぜか評価の高い“MindNode”(¥500)となんら変わりはない。
MindManagerのセミナーに参加した事のある程のMindManagerのファンの僕としては
是非とも、自社製品である強みを生かしたアプリを開発してほしいと願う。

iPhone でマインドマネージャー」への1件のフィードバック

  1. Mindjetさんと打ち合わせをした際に、このアプリの完成度についての話をした。
    やはり、iThoughtsの技術を拝借?しているとのことだった…
    となると…あまりにも完成度の高いiThoughtsと差別化を図るのなら…考えられるのは
    2点。

    ・レイアウト等が完全にMindmanagerと同等であること。
    ・ブレストモードを設けること。

    さぁどうでしょう…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中