iPhone で時間管理

僕は今年から家計簿をiPhoneでつけている。家計簿アプリも多々リリースされている中で
複数のアプリを試した結果、アクティブマネーProを使い続けている。
これにより、かなりSablemay宅のお金の使い方を詳細に認知できるようになってきた。
家計簿で支出と収支を具体的な数値で認知できることで検証しやすくなり具体的な改善に
繋がっていく。よって、時間についても同様に確認してみたいと思った。

今年は9連休と長い夏期休暇中、ただ時間が過ぎていくことは避けたく、自分がどのような
時間の使い方をしているのかを確認したく、iTunesでアプリを探していた。
過去にいくつかのアプリを試したことがあった。例えば
QuickLog(¥170)やiTimeLog(¥85)など。
その中で今回試しているのはToggl Timer(無料)

このアプリを試す動機は、Togglという独自のクラウドサービスがあった為。

Toggl https://www.toggl.com/

他のサービスだとGoogleカレンダーと同期できたり…といったものもあるけれど、
あくまでも、Googleカレンダーは純粋なカレンダー機能として使いたいため、下手な同期は
避けたかった。そしてこのTogglを使ってみたところ、
正直、項目記入については履歴が出るとはいえインターフェイスはシンプル過ぎで、改善の余地は
あると感じた。まぁ直感的には扱えるので良しとする。
自分が今何をしているのか?を最上段に記載して開始ボタンを押す。
そして終了時に再度ボタンを押す。ただそれだけ。

Toggl Timerについても同様。


まぁ普通に扱えるから文句はないけれども…特にiPhoneらしいタッチ操作を活かしたUIへの
アップデートに期待したい。

これらの記載事項が当然レポート化される。当然知りたいのは自分の費やす時間の比率。
それにより自分の時間の優先順位が確認できる。

結果的には、夏季休暇中なので当然だとは思うけれども、家事・子育て関連が1位となった。
そして次が意外にも英語学習だった。もう少し遊んでる(笑)かとは思ったけれども。
ただ、改めて今日で3日目のログを見て、記録時間の合計に差異があるのがわかった。
きっちりとログをつけていない結果に伴うもの。まぁそんなもんでしょう…(苦笑)
改めて、その不明確な時間はその時間として認知しておく必要があると思った。
そこで、以下の様に設定してみた。

朝食&準備 1Hr、昼食&休憩 1Hr、夕食&休憩 1.5Hr、睡眠 5.5Hr
合計8.5Hr 24Hr-9Hr=15Hr

15時間はなにかしらログをつけていなければならないと設定し、
不足は不足でカウントする事にした。

時間管理することは、それらの効率化は無視し、単純に自分の行動を確認する事を目的とする。
ただ、休暇時に家事・子育てにかかわる時間がどの程度かを把握しておけば、もし休暇中に
なにかに取り組みたいと思っても、家事・子育ての時間はあまり避けない前提での時間計算は
できるなぁとも感じた。僕の場合は平日は仕事をしているだけに帰宅後の少ない時間は極力
有意義に過ごそうとするけれども、休暇は比較的ダレることが多いだけに、改めて面白い試みと
想った。さて今後なにか気付けるかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中