iPhone でソリティア的なゲーム

昔、WINDOWSを導入したPCで特にやることがない時にソリティアをだらだらとプレイしたことが
ある。中毒性とまではいかずとも、なんとなくやってしまうゲームだった。
iPhoneでもソリティアはいくつかダウンロードできるけれど、iPhoneではWINDOWSの頃の
ようになんとなくやってしまうことはなかった。
そんな中、まさに静電容量式のタッチパネルだからこそ成しえる快適なフリック感で楽しむゲーム
こそが、iPhoneではまさにソリティア的なのではないかと思う。

まずは、過去にiTunesの無料チャートで1位にもなった事のなるゴミ箱に紙屑を
放り投げるゲーム “Paper Toss” (無料) があまりにも有名。

オフィスの効果音が鳴り響く中、扇風機の風の強さを考慮して角度のみを紙屑から上方向へ
指をなぞってゴミ箱に放り込むゲーム。至ってシンプル。でも、飽きも早い…。
ただ、なんか涼しげなオフィスで仕事をさぼってる感が不思議な感覚で…好きかも(笑)

次に、ここ最近やはり無料チャートで1位になっている、 “Paper Toss” 同様にコインを
グラスの中に放り込むゲーム”iQuarters (無料)
 
基本は同じルールであるけれど、若干上方向へなぞる時の強さも影響してそうな感があるのと
投げる角度設定が可能。さらに”iQuarters“の特徴は周りにある障害物…例えば携帯電話や
ラジコンヘリ等にぶつけながらグラスへコインを投入するとハイスコアが得られるといった遊び心が
付与された。上の写真は最終面の床が動くステージと障害物い9回ぶつけてグラスへ投入した時の
状態写真。なかなかスローモーションで再現されるのが心地がいい。

次はサッカーのフリーキックを演出したゲームが2本。
1本目は“Flick Kick Football”(¥115)
 
サッカーボールからゴールヘ向かって指をなぞる。ただし、ボールの回転をかけることもでき
強さも指のなぞる強さで加減できる。さらには、ゴールポスト付近にシュートを決めると
スローモーションになり、最大3つまでの失敗が許されるキープボールが得られる。
これはシンプルながらも先に紹介した2本よりもシュートの決め甲斐がありお勧めな1本。

最後はルールは上の3本に同じだけれどもかなり難易度が高い
“Deadball Specialist lite”(無料)
 
こちらは、まず加速度センサーでシュートする方向を選択し、ボールのどこを蹴るか?
によってカーブをかけて、ダーツの様にボールを決められた場所にシュートするといった
内容。無料版しか試してないので、このルールしかわからないけれど、制限時間60秒の
中で高得点を狙う。正直、個人的にはソリティア的感覚のゲームではないと思う。

ということで上記4本の中でソリティア的なゲームは3本。
特に”Flick Kick Football“はちょうど良いバランスで僕にとってはソリティア的な位置づけ。
また、素晴らしいシュートを決めた時の心地よさはその動画を保存したくなるかも(笑)
このゲーム、ソリティア的でありながらも2Pで攻撃側と守備側で攻撃は現状通り、
守備側はディフェンダーを2~3人を自由に設定しキーパーのみを動かせるなんて対戦
できたらかなり面白いのではないかなー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中