iPhone で脳トレ

過去に僕が今の会社に転職して間もない頃に経験したこと。
それは、課題解決を顧客に迫られた時、僕が同行させてもらっていた先輩社員が
「それに対して考えられる点は3つありますね」と即答し説明を始めた。
知識経験差があるにしても、この素早く整理された回答はなんなんだ!と愕然とした。
どうにかしたい!と思い読んだ本として「世界一やさしい問題解決の授業」と言う本が
分かりやすく頷きながら読んだ記憶がある。
この本で扱われている課題が(元バンドマンだったこともあり)とても分かりやすく
問題に対して因子を導く発想力を仕事でも活かしたいと思い、後に発想力の源は
僕のマインドマップに位置するようになった。
book

ただ、当時マインドマップの存在を知らず、さらに感じたのは「俺は頭使ってないな…」と。
そこで、僕が行動に移したのはNintendo DSの「脳を鍛える大人のDSトレーニング」を
毎日やってみようかな・・・と。そして、毎日電車の中で脳トレともっと脳トレの2本をする
ようになった。2年位は続いたかな・・・そして、電車でDSをすることが習慣化し気付くと
勉強系のソフトを移動時間中に7本プレイしていた。習慣化することってすごいと実感した。

さて、本題として、iPhoneでも脳トレ系アプリはいくつか存在する。海外モノもプレイ
したけれど、やっぱり落ち着くところは定番アプリ。一時は” 右脳鍛練ウノタン “(¥350)
をやっていたけれど、このシリーズはDSでもプレイし、移植版ということもあり、正直
モチベーションがあがらなかった。けれど、仕方なくプレイをしていた。
そんな中、 DSの脳トレと同様の川島隆太教授監修の
IMG_0613
全脳トレ – 東北大学川島隆太教授監修 -」(¥600)

がダウンロードできるようになり、即入手した。 実際プレイしてみると…面白い!
内容もDSとは異なり、楽しくモチベーションがあがるような工夫が施されている。
まずは、過去の記事で ” Streaks(¥350/無料版有)を記載したけれど、
習慣化する為には、毎日の記録。これが意外に効果が大きい。
IMG_0612

ん?今日は12日。あれーやってないじゃん・・・。そう、僕が習慣化してるのは電車に乗ると
反射的に実施するといったことがこれでよく分かる…ダメだなぁ。
脳トレの内容は トレーニングを重ねる事でどんどん増えていく。そのトレーニングを
1日3種類を1セットとする。正味5分未満。気軽にプレイできるところと、自分で
トレーニングを設定できないことがムラなくまんべんなくトレーニングできる工夫では?

IMG_0610IMG_0611

もちろん、自分の結果をあとから確認できるモードも用意されており、さらには、対戦も!
IMG_0609

オンラインか!と思ったけれど、中身は1人がプレイし、次の人にiPhoneを渡し…といった
形でスコアを勝負するもの。まぁなにか話題が無くなったシチュエーションの時に有効?
正直、脳トレがどこまで効果があるのかわからないけれど「頭をつかう」と言う意味で、
正味5分程度。だまされた?と思って僕は今後ずっとこのアプリをし続けると思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中