iPhone バッテリーへの投資費用

iPhoneの使用頻度が高い性かバッテリーの持ちが非常に悪い…よって以下の選択肢を
検討しなければならない。

① iPhoneバッテリー交換プログラム…¥9,800
② Softbank保障(自然劣化による電池容量低下が認められた場合) ¥8,820
※①②共に購入後1年以内(僕の場合は2008年8月購入)
※②については他サイト情報による。自然劣化のレベルがどの程度かは不明。
③ 充電器を駆使

いずれにせよ費用が発生してしまう。よってまずは、
残すところ2週間といった今、iPhone for everybodyキャンペーンを申し込んた。
iPhone 所有者対象で、パケット定額フルの上限割引が¥5,980 → ¥4,410になるが
2年以上の継続契約が条件といったキャンペーン。

単純計算で → ¥5,980 – ¥4,410 = ¥1,570/月(a)
解約及びiPhone以外の機種変更は契約解除料 ¥9,975(b)
よって → ¥9,975(b) ÷ ¥1,570(a) = 約6.3 ヵ月
7か月以上のiPhone使用することで、このキャンペーンに価値有。

※Softbankの店員によると2年以内でもiPhone次機種との機種交換なら契約解除料は
不要とか?どうもこの情報は信じがたいけれど…

さらに架空の計算を…iPhone新機種が2009年7月に発売されるとして、この機種は
仕方なく見送るとして、さらに次機種が2010年7月に発売されたと仮定すると…
6月支払い分からこのキャンペーンが適用されるので(僕が今回5月に申込したため)

¥1,570 x 13か月 = ¥20,410 –¥9,975(b) =¥10,435
※契約解除料が必要であると想定。

2010年7月迄の13か月間を ¥10,435 分はこのキャンペーンによって、バッテリー対策
として補填できる金額となる。

そこで、現時点でもiPhoneを1日使用できないバッテリー環境にて充電池は必要である
為に検討した充電池はSANYO “eneloop” これなら単三電池としても流用できるし!

S400_SS400

KBC-E1S(ニッケル:単三電池タイプ) … ¥2,682 / KBC-L2S (リチウム) … ¥4,792
※amazon価格参照

実は、先述のような理由よりKBC-E1Sを購入。しかし使用してみると…所詮ニッケル?
まずiPhoneのバッテリーが半分以下で充電する時は、ほとんど充電できない。
感覚にはなるけれど、KBC-E1Sを用いることで1~2時間使用が延長される程度。
正直、使いものになるレベルではないので、リチウムタイプのKBC-L2Sを購入。
こちらについては現時点、丸1日(例えば東京~大阪出張で新幹線車中50%使用)
使用しても、まだ充電可能な状態。よってKBC-L2SがiPhoneとセットで使用するのが
ここ最近の生活となった。
ちょっと話はそれてしまったけれど、このKBC-L2Sを毎日充電したとして…
先述の13か月間を使い続けるとしたら、395日…約400回の充電ができれば、この
1台の充電池で対応可能。たとKBC-L2Sが劣化しても400回なら…と期待する。

[結論]
結果的には僕は充電池を2台購入してしまったけれど、まだ未購入な状態なら

キャンペーンに申込をして、2010年7月にiPhone新機種が発売され機種変更を想定し
¥4,792 にてごまかし?ながら次機種変更までは使い続け、残金約¥5,600は
次機種変更金額として補填できる。もしくはアプリ購入費に…¥115アプリが50本!(笑)

→よって、僕はバッテリー交換プログラムは申し込みせず充電器に優位性有と判断した。
ただ、Softbankのことだから、さらにお得なキャンペーンやプログラムが提案され
この計算以上にお財布には優しい結果を期待してしまうのは…僕だけかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中