iPhone をUSBメモリー感覚で使う

USBメモリーを持っていればいいのだけれど、持ち合わせていない時はiPhoneに
ファイルを保存できればどんなによいかと思う。
App StoreにてiPhoneをUSBメモリー感覚で使う事のできるアプリが多数存在する。
” Air Sharing “ (¥600 )はその代表的なアプリだと思う。
ビューワー機能も備えており、重宝するアプリではある…。

PCとのファイル共有において、僕が過去の記事で重宝アプリとして登場する
思考整理や気付き用アプリ” iThoughts (mindmapping)” (¥900)も同様
だけれども、どれもWiFi環境を要求される。
これが意外に不便だと感じるシチュエーションに多々遭遇する。
例えば、会社、出張先のホテル。これらはWiFi環境がない状況である。

前々から気になってはいたものの、マンガをあまり読まない僕としては迷っていた
アプリがある。” iComic – comic reader -”(¥115) である。
ただ、読んでみたいマンガがあったので、これを機にインストールしてみた。

僕自身PC好きではあるが、あくまでも軽い趣味の範ちゅうであり、詳しいわけではない。
この iComic 何をどうすればいいのかが分からない… あらゆるサイトを調べた。

i-FunBox というアプリを使うiComicでファイルを送り込むことができることが判明。
実際使ってたi-FunBox をダウンロードし”iFunBox.exe”ファイルをクリック。

icomic1
するとUSB接続しているiPhoneが自動で認識された。
そして、iPhoneのアイコンをクリックすると以下のように表示されるので、
“Rawファイルシステム”(青枠部)を選択。

icomic2
そして、Photo フォルダー の中にある iComic (赤線部)を選択。
あとはマンガファイルをPC上からドラッグするだけ。USB経由でファイル転送。
これで、iComic にてマンガが読むことができた。しかも、実際違和感なくUIも良い。

ここで、もしかして他のファイルも転送できるのか?と試してみた。

icomic3
すると、問題なくファイル転送! 上のキャプチャー画面で確認できるように、
ZIPファイル、PDFファイル、MP3ファイル、マインドマネージャーファイル。
どれも保存できている。ただし、ビューワー機能はあくまでもjpgのみ?(詳細不明)

意外なところで、iPhoneを USBメモリーとして使うことができることが判明!
i-FunBox のインストールが必要ではあるものの、これは今後使えると思った。
しかも、転送速度が異常に早い。かなりびっくりした。なんでだろう???

About these ads

iPhone をUSBメモリー感覚で使う」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: iPhone でNOKIA着信音を! « Sablemay’s Blog·

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中