iPhoneアプリ「大辞林」

海外出張の上で意外に購入検討するモバイル機器として「電子辞書」が
あがってくると思う。そして意外にも高価であることに気付く。
実際に手にしてみて、価格相応に使い倒す人も意外に少ないのでは?

携帯電話にも最近では辞書は当たり前に導入されていたりするのだけれど
何故か使用頻度は低い。それはインターフェイスに問題があるからと僕は思う。

そこでiPhoneアプリとしての辞書機能。
必要に迫られないと価格を考慮するとなかなか手が出せないアプリではある。
ただ、僕としてはiPhoneがPC代用(それ以上)モバイルマシンとしての期待が
あるため、敢えて辞書機能を設けることを検討することにした。
僕自身海外出張もある程度の頻度で行くために、辞書は欲しいとところ。
ただ、様々な英語関連辞書を検討している中で、目に着いた辞書は不覚にも?
日本語辞典だった。そう、大辞林(¥2500)

この価格が高いか安いか?は結局の所、価格に見合っただけの使用頻度であるか?

という判断になるかとは思うけれど、参考までに書籍は大辞林第三版(8,190円)
収録項目数:28万項目と比較しスーパー大辞林が収録されたこのアプリは
約25万5千項目+画像データ:約2千7百項目となっており、ほぼ同等の実力で
あることがわかる。
そう考えるとお得感は得られる。ただし国語辞書としての使用頻度は、そこまで
高いものではないのは事実でもある。ただ僕のiPhoneへの期待値から購入は
さほど悩むレベルではなかった。

実際使用してみたところ、お見事!と言うに相応しいiPhoneのインターフェイスを
生かした内容となっている。

img_00331

検索方法はキーボードからの入力であり、リアルタイムに入力ワードに基づき
絞り込みをかけるような検索結果が表示される。まぁ別段目新しくもない。
このアプリの素晴らしいとことは…
img_0036 img_0037
例えば上記は「人物事典」の様子。「高杉晋作」を調べてみた。
その結果に対し「奇兵隊」についてさらに調べてみたくなった時、気になった
ワードを指でなぞる。すると、そのワードが登録されていれば、なぞるだけで
検索結果が表示される。しかも、これら一連の動作が非常にレスポンスよく
サクサクと検索できる。本当に素晴らしいインターフェイス!
思わず無駄に検索してしまった自分がいるほどに検索が楽しく思える。

確かに使用頻度の低い国語辞書ではあるものの、是非とも所有したい1本。
ズバリ、2008年度最高優秀アプリであると僕は断言したい!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中