iPhoneアプリ「Polarize & HiCon」

インフルエンザの峠もようやく過ぎてきたか?37度前半に落ち着いてきた。
38度以上出し続けて丸4日間…疲れた…

今回は過去の記事でも掲載写真にあるようにiPhoneのカメラアプリを
紹介したいと思う。

iPhone搭載カメラが貧弱と言われる分、アプリで付加価値を設けられないか?
との発想は現実的で前向き発想だと思う。
iTunesの「写真」カテゴリーでみても写真加工アプリは相当な数。
僕は先日の「Net News Wire」やGoogleアラートの”iPhone”をキーワードとして
情報収集をしているので、カメラアプリについても多くの記事を拝見させて
もらっている。
そもそも、高画素ケータイでの撮った写真とiPhoneで撮った写真。
そんなに違うの?って僕は思っている。
僕は昨年型落ちモデルとして一眼レフカメラ nikonのD40を購入。
それはそれは、一眼レフカメラを初めて手にした僕にとって、今まで
コンパクトデジカメとの画質差…特に質感や光の取り込みレベルにおいて
「感激」するほどの美しさを手に入れた。大げさでなく・・・
ここまでくると、やはりレンズかぁ…とうなずかされます。
つまり、ケータイやiPhoneに要求するカメラレベルは「メモ」的な位置付け
僕はそう割り切っている。
だから、フライヤー等のデザイン用素材として等、期待してはいけないと。
ただ、どうせ「メモ」レベルであっても遊び心は欲しいとは思ってしまう。

そこで、何本か弄った結果、現時点僕のiPhoneにインストールされてる
アプリは2本。「Polarize」と「Hicon

Polarize(無料)

img_02452 img_0241
過去の記事でもポラロイドカメラで撮影したような写真を掲載しているのは
全て、このソフトで加工したもの。若干グリーンがかりノスタルジックな
趣が得られるなぁと僕は感じ愛用している。しかも無料なのはGOOD!

Hicon(¥115)

img_0098 img_0099
白黒加工をすると同時にコントラストも弄る加工。僕がこのアプリの画質が
好きな理由はコントラストの強め方が程良く、どこか淋しくも有機的な所。
ちょっとアプリの安定感が気になることもあるけれど…

あと、これら2本は共通してアプリ上から撮影できるのはもちろん。
カメラロール等に収録されてる写真を後から加工出来ること
これがとてもGOOD!

最近、連続撮影なるアプリも発売され、非常に興味深々ではあるものの
正直iTunesへの投資額は相当なものなので優先順位をつけると低く
設定しているのと、用途がなにかあるかな?と模索中。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中