自分の時間

昨晩、鹿児島より戻り、友人と新横浜で語りを入れた。
その友人は僕が転職する前の部署違いの先輩。
そもそも、僕が転職した理由は、
・沈みかけてる会社と心中したくない。
・当時の仕事に対するモチベーションを他で生かしたい
との思いから転職した。
その先輩は自分がその会社で何を出来るのか?を突き止めたいと…
それ以後、半年に1回程度は時間を作って飲みながら語る仲になった。
大抵が語り終えた後に「よし!頑張ろう!」と思える前向きな話が中心。

結局、前の会社は親会社に吸収され上層部が立ち替わり入れ換わりで
混沌とし、今では仕事が激減し、僕が勤めていた時は21時に退社できれば
恩の時だった頃とは一変し定時で退社しているとの事。

僕の会社は…というと、3年前のイケイケだたっ時とは一変し、この不況の嵐に
漏れなくのみこまれ、やはり上層部が今後を判断できず混沌としてきた。

そういう状況下、管理職ではない身分として何ができるのか?
正直、会社起因で人生を狂わされるのは困る。
ならば、限られた時間の中で何ができるか?を真剣に考えざるをえない。
まずは会社の中で何ができるか?はおいておいて自分の時間を確認してみる。

1年 = 365日 = 8760時間ある。
僕の会社は年間休日128日なので237日が会社拘束日。
会社勤務日の年間所有時間:237日x24時間=5688時間
僕は出張が多く通勤時間での計算が難しいけれど、通常通勤で計算すると
1日:往復通勤:2時間。会社での拘束時間:10時間。
会社関与時間:237日x12時間=2844時間
睡眠時間を1日5.5時間と設定
睡眠時間:237日x5.5時間-1304時間

(5688時間-2844時間-1304時間)÷237日

平日の1日の自由な時間:【 6.5時間 】

ただし、全てを自分の時間という設定は家族との時間を無視し現実てきでは
ないので、家族との時間を3.5時間と設定すれば、1日3時間は自分の時間。

ちなみに休日の128日を128日x(24時間-睡眠時間:7時間) =2176時間
ここでも、ゆとりをもって3時間を自分の時間と設定すると 【384時間】

年間通しての自分の時間: 1095時間 +384時間 = 【 1479時間 】

案外あることに気付く。とはいえ、年間1479時間しかない。
例えばテレビを1日2時間みると…730時間… 残り749時間…半減!!

普段の生活を考えると自分の時間は23時~
多趣味でもある僕として、テレビを見ることはもったいない極まりない…

こうやって計算してみるとかなりシビアに思えてきた…
ただストイックでもない僕として、この自分の時間をどう使うか?
この時間で何ができるか?をじっくり考えていきたいと思った。

写真は昨日、鹿児島で食したカツ丼。食感よしの600円

img_0236

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中